いまさら…iPhone6s バッテリー再交換【モバイル】
2019.06.27

■いまさらながら…


iPhone6sのバッテリー交換を実施しました。
既に1度交換しているので、同端末で2回目となります。

iPhone6sのバッテリー容量は「1,715mAh」
前回は2018年3月(1年3ヵ月前)にBIG HEARTとかいうメーカーの
同容量のバッテリー(1,580円)に交換していました。



さすがに使用期間も経過し、ヘタってきたので交換レポ。

■なんと大容量バッテリーが!


なんか良いのないかなーと検索していたところ
バッテリー容量「2,250mAh」の大容量モデルがあるらしい!
しかもPSEマーク付で800回充電保証。これでしょ!

しかもお安く手に入り、1,480円!
(本来の価格はやっぱりもう少し高い模様?)


■交換手順と注意点


最近はキットに交換手順書ついてくるし、記事もたくさんあるので簡単に。

  1. ディスプレイを剥がす

  2. ディスプレイと本体のケーブルを抜線

  3. バッテリーをはずす

  4. バッテリー交換&テープ貼り付け

  5. 元に戻して完成



注意点としては…



  • ディスプレイ剥がす際にゴムを大事に剥がすこと

  • バッテリーを固定するテープは使い捨てなので位置決めをして張り付けること

  • ディスプレイ側のネジが落ちてくることがあるので焦らず抜け元を探すこと

  • 静電気は電子部品の天敵


■PSEマークって?


「政府が指定した電気用品の品質を保証するマーク」みたいです。
PSEマークがないものは、輸入や販売が禁止。
ただ、検査項目はメーカーによってマチマチな状況のようですね。
安全基準の参考情報としてとらえるくらいですかね。

■交換後


iOSのバッテリー劣化もなく、問題なく使用できました。

iPhone6sはぎりぎりサポート対象機種に含まれているのでもう少し使いますかね。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ) にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
アキレス健切断の手術をしました!【先天性内反足】
2019.06.22

■経過と状況


治療を開始してから、足首の矯正状況が良くギプス巻きは4回で済みました。
足首は良い感じに戻ったものの、尖足が中程度ある為、アキレス腱切りの手術をしてきました。

3回目ギプス後


4回目ギプス後


■自立支援医療費助成(育成医療)の申請


身体に障害がある子供向けに、確実な治療効果が見込める場合、
医療費を助成するという制度があるそうです。(初めて知りました)

一般的に健康保険による医療費負担がありますが、
本制度は、自己負担分をさらに助成してくれるというものになります。

【健康保険の医療費自己負担割合】





















6歳未満2割負担
70歳未満3割負担
70-74歳以下2割負担
75歳以上1割負担



うちの子の場合、6歳未満なので自己負担は2割です。
加えて、この制度では、1割負担または一定上限額までの自己負担にしてくれます。
なので、一泊の全身麻酔手術で支払ったお金は7,000円程度で済みました。
余談ですが、10割負担だと30万超え程度だったようです。

ちなみに、今後予定されている補装具に対しても助成が受けられるようです。
補装具の場合は、一時立て替えからの手続きになりそうなので
別エントリで記載できればと思っています。

■手術の流れ


全身麻酔での手術なので、食事制限がありました。
手術予定時刻は、13時の場合とします。

  • 母乳以外の乳製品:当日の午前7時迄

  • 母乳:当日の午前9時迄
    ※以降は、水などの飲み物は可能



月齢1か月程度だと、ミルクは3時間おきが目安ですが
なかなかにキツイ条件です。お腹ペコペコ。

手術自体は、こんな感じ。

09:00 最終おっぱい
13:00 手術室入室
14:00 全身麻酔導入(30-60分)
14:10 アキレス健切断(10分)
XX:XX 覚醒30分後に食事可


ざっくり6時間くらい空いちゃう感じになりますね。
実際、お腹すいちゃってなかなか大変でした。
なるべく抱っこでギリギリまで寝てくれてましたが…。

■手術後の様子


割と落ち着いているというのが感想。
小さいとは言え、健切り用のメスが入っているので痛がるかなぁ?
と思ってたんですが、不機嫌ということもなく。
点滴していたので、抱っこできない状態でしたけども。

■今後


3週間ほど、ギプス巻きっぱなし生活になります。
その後、足のサイズ測定などを行い、装具の注文を行うそうです。
1週間かからずに仕上がるらしいので、でき次第着装となります。
装着後は、ズリ這い開始くらいの月例まで着装生活。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
園のラジオ体操に参加してみた【育児休業】
2019.06.13
育休中、保育園の送り迎えを担当しています。
登園の時間、園ではラジオ体操の音楽がかかるようになっていて
先生や園児みんなでラジオ体操をしています。

やっているのは知っていて横目に帰っていたんですが、初めて一緒に体操してみました。
結果、息子のラジオ体操参加ぶりや、クラスのお友達の参加ぶりが見れてすごく良い時間でした。

素直に体操している子もいれば、見てるだけの子、別の遊びしてる子
体操していても上手な子やとっても楽しそうに体操している子
突然のパパ参加で、物珍しそうにこっちを見てる子…ほんとに様々でした。

これも育児休業取得により、時間に追われなくなったことでできる事だと思います。
とても有り難いことで、貴重な経験と時間を過ごさせて頂いています。

クラスのお友達も覚えてくれ始め、笑顔で迎えてくれる子もいます。
毎朝の保育園送迎、超楽しいです。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
久しぶりの児童館【育児】
2019.06.10
ほんと半年以上ぶりに児童館に行ってきました。
保育園に通いだしてから土日は外出するようにしてたから、かな?
全国的な雨の為、公園はヤメにして児童館へ行ってきました。

当時は興味を示さなかったおもちゃで遊んだり、新しい遊び方をしたり…
同じ遊びでも上手になってたり、おもちゃをお友達に貸してあげたりと息子の成長を肌で感じました。
絵本もあるし、素敵な環境だなーと改めて感じました。

息子も楽しめたようで、帰り際の靴を履く前から「また行こうね」って言ってました。

また行こうね。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
小児の麻酔薬への曝露と神経発達への影響【小児医療】
2019.06.08
小児への全身麻酔を判断する機会があり、記事にまとめてみました。
先にお断りしておきますが、素人のまとめ結果です。
専門的な知識を伴わない、インターネット知識のまとめです。
情報の鮮度や正確性は一切保証がないことを予め記載しておきます。

全身麻酔のリスクですが、アレルギー反応とか目覚めないとかが思い当たるかと思います。
それだけではないんです。
麻酔薬は、脳細胞の自然死(アポトーシス)を誘発させる事が報告されています。

但し、これは医学界でも継続して調査中であり、確証は揃っていません。
実際、2017年に国立の小児専門病院で先生にご意見を伺う機会があったのですが、
「エビデンスがなく確証がない」というのがご回答だったと記憶しています。
そのため、全身麻酔を行う際に、リスクとして説明されてていないと思います。

事実として、生後7日のラットで行った実験では、脳の広範なアポトーシスが認められています。
そして、細胞の死滅の量は、部位によって18倍~68倍に増加したという結果があります。
結果として、成獣になってからの迷路試験の成績低下や異常行動が報告されています。

気になる点として、ヒトではどうか?
前述の通り、ヒトへの影響は結果が出ておらず、グレーです。
ラットの実験を受けて、各機関で研究や論文が発表されており、下記の状況のようです。

◆ヒトへの小児全身麻酔の影響に係る論文等
 ・Anesthesiology 2009;110:796
  1976年~1982年に生まれた5,357人の後ろ向きパースコホート研究
  4歳までに複数回の全身麻酔を受けた593人で、学習障害の頻度が高いこと報告。

 ・Anesthesiology 110:805-812,2009
  初回麻酔時の年齢に着目した神経発達の行動学的評価法による後ろ向き研究
  2歳未満での麻酔曝露群では、2歳以降の麻酔曝露群よりも行動障害がより強いことを報告。

 ・Anesthesiol 21:286-291, 2009
  生後3歳までにソケイヘルニアの手術をうけた小児を対象にして、行動および発達障害の発生について検討
  ヘルニア手術を行った小児で行動および発達障害の頻度が高かった(4.4% vs 1.2%)

 ・Twin Res Hum Genet 12:246-253, 2009
  オランダの一卵性双生児1,143組の片方が3歳以前に麻酔を受けた場合の学力と認知機能を研究
  片方が手術を受け、もう片方は手術を受けなかった一覧双生児間の比較では、
  学力や認知障害に差がないことを報告。

 ・Anesthesiology 114:1076-1085, 2011
  1歳までのソケイヘルニア手術(2,547例)における15歳児の試験成績
  背景をマッチさせた非手術群と同等であったことを報告。

 ・Lancet 2016; 387: 239
  2歳までのソケイヘルニア手術(セボフルラン)対象の2歳児での神経発達を調べた研究
  非手術群との有意差は認められなかったことを報告。

 ・Anesthesiology 117:491-503,2012
  1歳までに全身麻酔を受けた対象(287人)の7~10歳時点でのアイオワ州学力テスト比較
  下位5パーセンタイルに入る比率が高かったことを報告。
  サブグループ(58人)解析で、麻酔・手術時間が長いほど学力スコアが低いことを報告。

 ・Pdiatric Anesthesia and Neuro-Develipment Assessment(PANDA)study
  2000年ー2006年の鼠径ヘルニア修復術の28人を6~7年追跡調査
  手術・麻酔群とその兄弟で学習に差が認められていないことを報告。
  単回・短時間の手術・麻酔は長期的な影響を及ぼさない可能性が示唆されることを報告

  ヘルニア施術、3歳未満での単回全身麻酔。暴露群は平均84分。17人が2時間超え
  8-15歳時点での認知機能スコア差はなかったことを報告。
  麻酔薬への3時間未満の曝露では、リスク上昇は予測されないとの動物データと一貫性がある。

 ・米FDA 全身麻酔薬および鎮静薬:乳幼児および妊婦での使用に関する新たな警告
  【要約】FDAは,3歳未満の乳幼児,および妊娠第3三半期の妊婦での外科手術や処置において,
  全身麻酔薬や鎮静薬の複数回または長時間の使用により,小児の脳の発達に影響する可能性があることを警告する。
  最近のヒトでの試験では,動物実験の場合と同様,乳幼児での全身麻酔薬および鎮静薬の比較的短時間の単回使用は、行動や学習に悪影響を及ぼす可能性が低いことが示唆されている。

◆所感
 結局のところ、調査対象の育成環境や人種、地域などの背景マッチが難しく、厳密なエビデンスが得られていない状況であるといえます。
 しかし、2003年の衝撃的な動物実験結果を受け、研究が進んだ結果として、「単回・短時間の麻酔」は影響が少ないという説が有力なのではないかと考えられますね。特に、米FDAの警告は、2017年に入ってからの声明である為、それなりに根拠となる情報を踏まえてのことだと思います。
 どこかで読んだのですが、ラットの生後7日というのは、人間でいうと胎児の状態と同程度との意見もあり、「生後7日」をラットとヒトで同一とおく基準も怪しいものがあるのかなと思います。
 ただ、単回でない長時間の麻酔薬というのは、悪影響も少なからずある可能性は高い、というのが現状からは見て取れるのではないかな、と思います。
 ただ、どうしても全身麻酔が必要になる場合はありますし、急ぐ場合もあります。その場合は、麻酔薬の影響がどうのとか言ってられないのも事実だと思います。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

- CafeLog -