内反足で活躍するアスリートの方々【先天性内反足】
2019.05.30
ネットニュースで偶然お見掛けしました。
先天性内反足を持っていながらも、活躍されているアスリートもいらっしゃるんですね。

◆網本麻里選手 - 車いすバスケットボール
http://b.bodymaker.jp/NewsEvents/2014/08/19/140000.php
https://cyclist.sanspo.com/148033
https://youngjump.jp/real/report/20141222.html

1988年11月15日生まれ。
右足の先天性内反足をお持ちとのこと。
1歳10か月で手術をされて、歩行できるようになったそうです。
中学2年生の骨切断の手術を受け、バスケから車いすバスケに転向。

記事からは推測するしかありませんが、歩行不可とのことで重度の内反足?
昭和63年あたりなので、Ponseti法がそこまで主流ではない時期でしょうか…?

通常生活では歩行可能、しかもスポーツ選手として活躍されているのは勇気が出ます。

◆岩渕幸洋選手 - パラ卓球
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO96905330U6A200C1US0000/
https://sportrait-web.com/player.php?cid=112
https://www.sports-tokyo.info/tokyo-athletet/20180328.html
https://www.nhk.or.jp/tokyo2020/fill_stadium/eye/articles/chojin-11.html

1994年12月14日生まれ。
両足の先天性内反足。特に左足が重症だそう。
中1から卓球を始め、健常者とプレーし、東京都ベスト32。
掛け持ちで、パラ卓球の試合にも出場されていたそうです。

きっとものすごい努力をされたんだと思います。
日常でも休日にスキーに行かれるそうで、勇気づけられました。

◆Ponseti法の導入時期について
Global HELP Organizationの出版物によると
Ponseti法が日本へ導入されたのは、1998年のようです。
徳島大学整形外科の安井夏生教授が、アイオワ大学より持ち帰ったそうです。

現在では、内反足治療のデファクトスタンダードのようですが最近の技術なんですね。
内反足治療 一週間の振り返り【先天性内反足】
2019.05.29
先天性内反足と診断された第2子。
産後の退院を待って、小児専門病院を紹介して貰いました。

診断時にぱっと浮かんだのは、国立成育医療研究センター。
予約窓口に診断名と併せて、最短の受診日を聞いたところ、一か月弱先。

インターネットから見つけた翻訳された文献によると
「生後7~10日で治療を開始するのが良い」
(出展:「先天性内反足:Ponseti法 第3版」 GHO出版)
との記載があることを踏まえると、とても待てない。

なので、出産した病院から提示のあった小児専門病院へ。
診て頂いて早々、「ギプスだね~」とのこと。ですよね (・・;)
足首のレントゲンを撮った後、ギプス装着。

事前の情報だと、泣く子が多い中、ボーっと処置を受ける娘。
…足首が比較的動くらしいので、痛みがないのかな?
帰宅後に血の巡りが問題ないか、ギプスの隙間からチェックするよう言われ終了。
1週間後に足首の矯正具合確認と、ギプスの巻き直しをするそうです。

その後は、ギプス部を濡らせない為、沐浴NG+防水処理をしながら体拭きで1週間。
初日は、あんよがもどかしいのか、聞きなれないグズり声な娘ちゃん。
「ごめんよ~(´;ω;`)」と思いつつも、将来の為にも頑張って頂きたい。最初が肝心。
3日目くらいからは、なんか普通な感じで過ごせました。

あっという間に1週間が経過し、再診の日に。
唯一の沐浴チャンスなので、ギプスをお湯につけて解く…あれ?ほど…けない (;・∀・)
30分くらい格闘して、コツをつかみつつ無事に沐浴できました。

久しぶりに見るあんよは、目に見えて矯正され、角度が緩やかに。
お医者さんにも、足首やわかくて良い感じだね~とお褒めの言葉を頂戴しました。^^
また、足首の角度を矯正してギプスを巻き直し。また来週。

個人的な素人目線では、経過は良さそうな感じがします。
まぁ、アキレス健は切ることは避けられなさそうだけども…。

アキレス健切ることになると、小児なので全身麻酔になります。
小児への全身麻酔って、エビデンスが確立してないのですがネガティブな論文が多いんです。
導入含め、1時間以内らしいので、必要であれば仕方ないとは思いますが…気になりますね。

ネットの内反足に関する記事を見ると「泣いちゃいました」とかあるんですが、
そこまでネガティブにはとらえていないです。
むしろ、外科的に治療法は確立しているようなので、ポジティブ寄りかな。

そんな感じの最初の1週間でした。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
39℃の熱…【育児休業】
2019.05.25
出産からの疲れか、久々に発熱してダウンしました。
インフルエンザかとも思われたのですが、幸いタダの風邪。

さて、先日、上の子のぬいぐるみを補修しました。
通っている保育園では、子どもたちにぬいぐるみを渡しています。
入園時に父母がお家で作成しました。

生地の問題もあり、いい加減傷んできてしまったので…。

 

こういうときに家庭科ちゃんとやっとけばなーって思いますね(;^_^A
ボタン付け程度ならできるのですが、補修は初でした。

まぁ、個人的には及第点なのではないかと思います。
2歳ともなると、破れているのがわかっていたようで
直したぬいぐるみを渡すと喜んでくれました。

直接、育児休業とは関係ありませんが、
仕事に追われない日々を選択することで
家族に使える時間を増やせるというのは良いことだと思います。

これが平常時だと、仕事で疲れ、ぬいぐるみどころではないでしょう。きっと。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
退院しました!!~4人家族の土日振り返り~【育児休業】
2019.05.20
先日、妻と下の子が退院して我が家に入居!
内心、寂しく感じていたであろう上の子はさっそくママに甘えてました。

そうだよねぇ。寂しかったよね。

我が家の方針はなるべく、上の子はママが接することに。
下の子の面倒は、パパが見て、授乳だけはママのような形。
妹ができたことで、寂しい思いをさせたくないことが理由。

上の子の時は、里帰り出産だった為、新生児と毎日一緒に居られませんでした。
なので、今回で初体験なことも多く、色々新鮮です。
今のところ、夜のご飯はメイン担当を当番制にして、4時間はまとまって寝れるように工夫中。
この夜対応、上の子の時、よく一人で対応してくれていたと思う。
寝れないし、寝ぼけつつもミスできないし、泣くし、相当キツイだろうなと想像に難しくない。
ホントにありがとうございます。

そして、産褥期なので外出はできないママに代わり、上の子とお出かけ。
自衛隊の駐屯地でイベントがあった為、おでかけしてきました。



なんと、ミニ新幹線、タダで乗れるんですよ!!
SLもあって、石炭入れる本格的なヤツ。
最近、新幹線大好きな息子くんは、大満足のようでした。



▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
2019.05.20 16:49 | 固定リンク | 未分類 | コメント (0)
講習受講猶予が決定しました!【情報処理安全確保支援士】
2019.05.19
いつかのエントリで、情報処理安全確保支援士の講習について記載しました。
参考⇒http://x2.gmobb.jp/mechaholic/art/00016.html

育児休業中は、会社のお金で支援士の定期講習を受けられない為、
期間中は講習を免除してもらうって話でした。

結果、無事に受講猶予が適用されることになりました。
審査があると案内があったので内心ビビってたんですけどね。



でもこれ、申請書はなぜか書留で郵送しろって指定されてるんですよね。
IPAのホームページ上で、しかも赤字。

審査して、却下される場合もあると考えると
書留指定っておかしいんじゃないかと思うわ。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

- CafeLog -