デニスブラウン装具の重要性と内反足の再発について
2019.12.18
先日のエントリで娘ちゃんのデニスブラウン装具(以下、DB装具)着装時間が減ったと記載しました。
その関係でDB装具と内反足の再発に関する論文に辿り着いたので、本エントリで簡単にまとめたいと思います。
医学系の文献は、言ってる事が難解でかみ砕くのもやや大変です。
また、有料資料が多いので素人が見れる文献は、ほんの少しだけ…。
少しでも参考になれば幸いです。

■参考文献
2009年 整形外科と災害外科 58巻4号
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/58/4/58_4_533/_article/-char/ja/

■ざっくり概要と結論
男児8例11足、女児6例10足について治療成績を検討したもの。
併せて、DB装具着装時間と再発傾向について検討を実施。

【DB装具装着時間】
  良好:歩行開始まで終日、歩行開始後は夜間装着
  不良:良好条件の着装時間が1/2以下

  

DB装具の装着時間が「不良」のケースに再発率が多い事が認められた。
同様の結果をHaft, GFによる前向き調査で得られている。
また、Morcuende, PhDはDB装具の着装不良が危険因子であると結論づけている。

■もうちょっと詳しく条件
Ponseti法で治療し、2歳以上に達した症例を追跡
全例において、週1回平均6回の徒手矯正・ギプス固定後、アキレス腱皮下切腱を実施
DB装具は「歩行開始までは終日、歩行開始後は夜間装着」とし、屋外では左右逆履きを励行
DB装具の必要時間1/2をcompliance不良とする

■もうちょっと詳しく結果
変形再発:
 計9足に再発を認めた。内訳:内旋歩行を8足、尖足を1足
 ※内旋歩行:いわゆる「内股歩き」
  参考:http://kodomoseikei.com/home/archives/2005/09/post_3.html
追加手術:
 計5足
  後内側解離術:2足(1歳児の初期矯正不良1足を含む)
  後方解離術:1足
  内外側解離術:2足
DB装具着装遵守結果:
 良好11足、不良10足
 良好例では、再発3足。不良では、再発6足。

 
 ※再掲

■症例
生後9日目にPonseti法治療を開始
初期矯正は良好で1歳で歩行開始
歩行開始後、夜間数時間のDB着装に悪化
1歳7ヶ月頃に内旋歩行が出現
2歳時には、明らかな内転変形が再発

■参考論文内での結論
再発32%、手術28.3%
再発が多いと考えれられる原因因子
アキレス腱切腱をしない例
歩行時に内旋歩行をする例
DB装具の着装時間が不足する例
再発は3歳までに生じる為、3歳までの装具使用を推奨

■参考論文内で参考にした論文と概要
Haft, GFの文献( https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17332096)
 51例73足のPonseti法治療を追跡調査
 51例のうち、21人(重度12人、軽度9人)に再発があり、装具良好では重度3人のみの再発だった
 適切に装具を使用しない場合、再発リスクが5倍高くなる結果だった
Morcuende, PhDの文献(https://pediatrics.aappublications.org/content/113/2/376)
 157例のPonseti法治療を追跡調査
 再発は内反足の重症度や治療開始時期は関係なく、
 DB装具のcompliance違反が主な原因と結論づけている。
装具の着装時間が睡眠中だけになりました!
2019.12.12
先日のエントリで書きましたが、担当のドクターに装具着装時間について相談してきました。
結果として、睡眠時以外ははずしてOKが出ました!
装具なしの保育園入園も「仕方ないね~」とギリギリOK。

で、予想通りこれも言われましたw
「着けるに越したことはないけどね~」
ですよね~、節度をもって対応したいと思います。

■娘ちゃんの状況


  • 月齢7か月ちょっと前

  • 四つん這いのハイハイ開始(数歩程度)

  • つかまり立ちしようとする

  • 手を持ってあげると立てる

  • 何かとあんよを踏ん張って、上下運動する



■装具の判断はドクター次第?
妻はインスタで情報収集をしてくれてるんですが、ドクターによって装具判断がかなり異なるようです。
例えば、3か月程度で装具外してしまう場合や、デニスブラウン装具のバーがないものを使用する等。
うちの場合は、少し保守的?な印象です。
(小児専門病院なので、治療方針には全幅の信頼を置いてます。)

装具卒業の時期は、内反足の状況や治療進度で異なると思います。
足首の硬さや尖足の程度等、症状によって全然違いますからね。
また、デニスブラウン装具の肝は、足首を70度ていど外反させて維持し、再発を防止することのようです。
そのためには、バーがどうしても必要だというのを読みました。
バー無しについてドクターにも伺ったところ、「どうしてもバー付きの装具を着けてくれない時に、気休めに使用するかなぁ?」という感じでした。

なので、おそらくどの事例も適切なんだと思います。
うちの方針は、「将来的に娘ちゃんが困らないようにする」の一択だと思っています。

■病院の選択
前述の通り、うちは小児専門病院で内反足を診てもらっています。
選択肢としては大学病院などもあると思います。
この辺は、どちらが良かったのでしょうか…いまだにわかりません。
個人的には、内反足は産まれた時点で持っている病気なので、小児専門の方が症例が多いだろうという判断でした。
この辺も、今後調べてみたいと思います。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
内反足治療 装具装着後 5ヶ月の経過と状況
2019.12.01
装具治療が始まってから5ヶ月。
ギプス治療もあり、月齢は6ヶ月と少し。
娘ちゃんの発育は順調な様子です。



  • 一人座りが安定しました

  • 四つん這い→顔からダイブが開始

  • ハイプランクをするように

  • 夜泣きが再開しました

  • ハイハイは後退専門




先日の保育園エントリでも書きましたが
あんよは強いようで、ぐんぐん踏ん張ってくれます。
早く大きくなって欲しいような、このままでいて欲しいような…

久しぶりにあんよの計測をしました。
以前に比べると、左右差が改善してるように思えます。
装具による凹みは相変わらずある状態。仕方ないですね。

足のサイズ:左104mm , 右107mm
足首周り :左116mm , 右117mm
脹脛周り :左190mm , 右195mm

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
内反足児童の保活
2019.11.27
我が家は共働きの家庭なので、令和元年産まれの娘も保育園予定です。
保活自体は、お兄ちゃんの時に勉強もしたし、見学もしきっているので慣れたもんでした。
しかし、役所に保育園申込みをしたところ出来事があったので記載することにしました。

■役所から電話
保育園の申込み書欄に障害や発育に関する項目があります。
内反足は、治療できる障害の為、「病気」扱いされるケースが多いのも事実。
一応、備考欄に記載して、役所で対面相談の上、提出した後の電話でした。

担当者さんが、念のため、保育課で相談したところ「サポート枠」が良いのでは?
というご提案のお電話でした。

保育園の内定が出た後、全ての親子は各保育園で面談を行います。
担当者さんは、せっかくの内定が面談で取消になる事を懸念してくれました。
つまり、園側が内反足を「障害」とし、通常枠NGと判断する可能性があります。

■サポート枠?
サポート枠とは、保育の上で「特別な配慮」が必要な子供を対象とした枠です。
障害を持って産まれた子や、発達発育に問題がある子が対象になります。

サポート枠は通常枠とこんな違いがあります。

  1. 区立保育園に3枠の固定枠が準備されている

  2. 入園審査の際、調整指数が加点される

  3. 私立保育園(企業型)は各園の判断に依る




とにかく保育園に入れたい!という場合は、サポート枠で申込みをすると
大幅な調整指数の加点が得られるので、区立保育園の内定確率が上がると思います。

我が家の場合、送迎や園への信頼がある為、お兄ちゃんと同じ保育園を希望しています。
しかし、私立保育園です。
園長さんとも相談してみましたが、色よいお返事はいただけませんでした。

  • 「園としてはサポート枠を用意はしていない」

  • 「現状では、サポート枠の受入れ打診があっても対応は困難」




サポート枠の児童の場合、保育士が付きっ切りになる必要があります。
保育士不足が叫ばれる昨今、仕方ない回答だと思います。
でも、こんなお返事もいただけました。

  • 「装具持込は対応できないけど、この子の状態なら通常児で受入れできる」




このお返事で通常児として申込みをする判断が行えました。
保育園に入れれば御の字という残念な状況の中、我儘な悩みですが…。

■あとは娘ちゃんの成長
保育園の内定が出た場合、登園中はデニスブラウン装具が着けられません。
装具着装については、担当のドクターと要相談事項だと思います。
来年の入園までに、保育中の着装解除OKが出るのが絶対条件ですね。

きっと「できる限り着装しておいた方がいいよ」とは言われますね(苦笑)
装具装着時間がちょっと減りました!
2019.10.07
先日のエントリで、ズリバイっぽいのも始めたので
装具装着時間を相談したいと書きました。
担当医と相談の結果…

現状の「風呂以外常時」から「20時間」に減らして貰えました!

非公式でお風呂後長めに外してたけど、やはり迷いはあったので
これからは公式と考えると、とても安心感を得ることができました。

ただ、「外すタイミングは任せるけど、なるべく装着するように。」とのことでした。

次の定期診察は1か月後。
あんよもおっきくなってきたので、装具を作り直す判断があるかも?

この装具ですが、保険組合では「耐用年数」というものが定められています。
これは、装具製作時に医療費申請をする際にこれだけ使えるよねという支給基準になっています。

Ponseti法の場合、デニスブラウン装具となりますが、こちらは「靴型装具」のようです。
私の健康組合では、「1.5年」となっていました。
しかし、年齢によって例外がありました。



0歳なので、使用年数は「4か月」でOKのようですね。
身体が成長する時期は、ちゃんと考慮されているようで安心しました。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

- CafeLog -