いまさら…iPhone6s バッテリー再交換【モバイル】
2019.06.27

■いまさらながら…


iPhone6sのバッテリー交換を実施しました。
既に1度交換しているので、同端末で2回目となります。

iPhone6sのバッテリー容量は「1,715mAh」
前回は2018年3月(1年3ヵ月前)にBIG HEARTとかいうメーカーの
同容量のバッテリー(1,580円)に交換していました。



さすがに使用期間も経過し、ヘタってきたので交換レポ。

■なんと大容量バッテリーが!


なんか良いのないかなーと検索していたところ
バッテリー容量「2,250mAh」の大容量モデルがあるらしい!
しかもPSEマーク付で800回充電保証。これでしょ!

しかもお安く手に入り、1,480円!
(本来の価格はやっぱりもう少し高い模様?)


■交換手順と注意点


最近はキットに交換手順書ついてくるし、記事もたくさんあるので簡単に。

  1. ディスプレイを剥がす

  2. ディスプレイと本体のケーブルを抜線

  3. バッテリーをはずす

  4. バッテリー交換&テープ貼り付け

  5. 元に戻して完成



注意点としては…



  • ディスプレイ剥がす際にゴムを大事に剥がすこと

  • バッテリーを固定するテープは使い捨てなので位置決めをして張り付けること

  • ディスプレイ側のネジが落ちてくることがあるので焦らず抜け元を探すこと

  • 静電気は電子部品の天敵


■PSEマークって?


「政府が指定した電気用品の品質を保証するマーク」みたいです。
PSEマークがないものは、輸入や販売が禁止。
ただ、検査項目はメーカーによってマチマチな状況のようですね。
安全基準の参考情報としてとらえるくらいですかね。

■交換後


iOSのバッテリー劣化もなく、問題なく使用できました。

iPhone6sはぎりぎりサポート対象機種に含まれているのでもう少し使いますかね。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ) にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
【ネット回線】WiMAX2+ GMOとくとくBB利用の考察
2019.05.06
光回線からWiMAX2+に切り替えて1か月ほど経過したので使用感をメモ。

これまで大嫌いな@Niftyで、光ネクストを利用していました。
(工事費無料とかのキャンペーンの為)
月額3,980円で工事費の割賦払い500円付です。(割引効いて、税込み4,212円)

我が家のインターネット環境は、光回線を敷いたところで、最終的にはVDSL方式です。

昼間は60~70台Mbpsとか確認できましたが
平日の20時頃になると3Mbpsとかの世界です。なんだそれ。

そもそもVDSL方式じゃ、建物自体の回線に依存するし
家庭内にRTXシリーズを入れようが、セグメント設計しようが意味なし!!

建物の低品質な回線を使わない方法!つまり無線のWiMAX!!!

ということで、キャッシュバックキャンペーンやってたGMOに移りました。
ギガ放題というプラン設定がありますが、『3日で合計10GB』の制限があります。
超過した場合、翌日の18-26時が1Mbps前後に制限されます。

実際使ってみた感じとして、以下環境の場合、余裕で10GB超過します。
* Chrome Cast
* Amazon Fire TV Stick
* Google Home
* Amazon Echo Dot
* Android x 2 (内タブレットはYoutube端末)
* iPhone x 2
* PC x 2
* NASサーバ


ですが、制限時間以外はふつうに使える状況を考えると
日中時間帯はガンガンにWiMAX使って、夜は携帯キャリアの通信網を使う運用で十分です。
仮に日中を抑制したとしても、WindowsUpdateも走りますし、リスクは回避しきれません。
だったら、使える時間に使えるだけ使おう、という考え。

月額4,263円ですが、キャッシュバックキャンペーンを利用して、月額3,100円程度の見込みです。
月額1,000円ダウンで、この運用であれば納得感はある感じですね。
育休中で家にいる間くらいかなぁ…この使い方が通用するのは。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 PC家電ブログへ
【DIY】moto360 1st スマートウォッチ バッテリー交換
2019.04.29
少し前にMotorola社のMoto360というスマートウォッチをラクマで購入しました。

このモデルは、2ndが発売されて数年経過していますが、
それより前のモデルで販売当時は3万強の値段で販売されていました。
しかし、人気は根強く、1stのリファビッシュ品が1万3千円で再販され、売り切れるような状態です。

そんな中、バッテリーが死んでいるであろう中古品が2500円で発見!!
これは買い!ということでポチり、同時にeBayでMoto360のバッテリーを購入しました。

DIYでバッテリー交換をしたので手順や詳細やらをレポ。

■手順概要
1. 時計のバンドをはずす
2. バックパネル(裏蓋)を固定しているパーツをはずす
3. バックパネルを開き、基盤部分を剥がす
4. 内蔵のバッテリーを交換する
5. 元に戻す

■参考動画

https://youtu.be/wl61mDJlu9E

■手順説明

バンドはすぐに外せると思いますので割愛。
バックパネルの取外しですが、ネットの記事だと
「必ず割れる」とか書いてありますが割らずに交換可能です。
(最も私の場合は、ハナから割れてるので意味ないんですが)

参考動画では、薄いプラ板を差し込んでいますが、
これは商品をパッケージしている透明なカバーを切り取って代用可能です。
差し込む場所は特に決まっていなく、端に入ってる黒い細いパーツを押し出すようにグイグイやります。
薄いプラ板をぎりぎりまで押し込んで作業するのがコツです。
すると、バックパネルを固定しているパーツが抜けてくるので4か所はずします。

向きがあるようで、先端がやや細くなっているので間違えないように保管。



次に少し浮いた状態から基盤部分を剥がします。
竜頭(ボタン)側は、突起で固定されているので反対側からグイグイはずしてください。
防水用のパッキンで止まっているので、切らないように優しく剥がすのがコツです。

少しずつ浮いてくると、コネクタが見えてきます。
基盤と繋がっているので切らないように気を付けてください。
2か所つながっているので丁寧にコネクタを抜きます。



基盤の裏に目的のパンパンに膨らんで劣化したバッテリーがいます。
こいつを交換しましょう。



やはり、粘着質の何かで固定されているので、少しずつ剥がしてください。
なかなかしっかり固定されているので、ゆっくり少しずつが重要です。



剥がせたらバッテリーのコネクタを抜いて、取外した後、新品と交換。
私は、バッテリー部を両面テープで再固定して、ここまでと逆の手順で収納しました。




時間的には30分から1時間で作業は完了しました。
丁寧に作業をしても長時間かからないので、焦らず作業すると良いと思います。

- CafeLog -