復職したら…?
2019.11.08
■きっかけ
公園友達のコがママの復職により、延長保育になりました。
その為、いつもの時間に公園では遊べなくなってしまいました。
そんな事を受けて、復職を強く意識するようになりました。
残念な事に今のお仕事、基本的に残業は月で一桁時間しかありませんが泊まり出張があります。
共働きの上、どうしても妻にワンオペをお願いすることになるケースがあります。

■どんなもんか、イメトレしてみた
とりあえずやってみてるのは、一人での妄想お風呂。
手始めに下のコ(6ヶ月)をお風呂の準備に始まり、お風呂後のケアや着換えまで一通りやってみています。
これは、簡単。上のコでやってます。
ただ、これに「3歳児がいる」と考えるとどうして良いかわかりません。

バスチェアに座らせてる間に、上のコを洗う…(自分はいつ洗おうか…?)
自分の身体を拭いて、座らせてた下のコを拭く…え、上のコは?(素直に一緒に出てくれるか…?)
下のコのオムツを着けてスキンケア…のまえに上のコのオムツだけはしないと…
etcetc...

お風呂だけでヤバい。1人じゃ無理だろ、これ。
夕ご飯準備および給仕とか考えると、更に無理ゲーです。

…どうしよう…これ。

■何かしらの対策が必要
ちょうど、多胎児の話題もありますがマンパワーが心配です。
パッと思いついたのはベビーシッターさんか家政婦さん
ピーク帯に大人の手を作る必要があります。

次に思いついたのは、出張の時だけ実家に援助を要請する。
金曜の夜とかならまだしも、平日はむしろ面倒事が多そうです…ストレスも。

世のワーママ達はワンオペでもこなしてると思うと言葉になりませんね…
作り置き夕飯メニューとか、今のうちから練習しておくのも良さそう。
復職の4月までに答えを出しておかないといけませんね。
あっという間の育休半年間を過ごして
2019.10.29
■育児休業中は、時間に余裕もあってマジで幸せ
2019年5月から育児休業を取得しています。
(正確には、5月は有給消化で6月から休業)
あっという間に10月も終わりが近くなり、
とても幸せな育児休業も残り半分を切ってしまいました。

■育児休業期間の振り返り
振り返ると色々と盛りだくさんだったように思います。

5月:

出産準備と家事全部

産後のお見舞いと長男送迎

内反足の調査・通院

6月:
産褥期対応

内反足の通院・手術

小児全身麻酔の調査

お宮参り


7月:

転居(同区内)

装具スタート

RSウィルス高熱で入院


8月:

寝返り開始

娘ちゃん初里帰り

(私事)ダイエット開始


9月:

お座り開始

おもちゃ遊び開始


10月:

ずりばいっぽいの開始

ブックスタートでわらべ歌遊び

里帰り

マグマグデビュー


里帰りは、余りある時間をじーじとばーばに捧げました。
義実家に滞在1週間オーバーとか、初孫ゆえになせる業ですね。
傍らで、読書目標とか資格勉強とかも計画しているんですが、なかなか律するのが難しいです。
残りの期間は見直して行きたいなぁというところ。

■育児休業の恩恵
半年間、かなりべったりと育児に関わることができていると思います。
長男と遊ぶ時間も、かなり作ることができました。
なにより、時間的に余裕があるので、子供優先の対応ができて非常に良かった。
特に、娘の内反足に関しては、通院や悩み等、ガッチリ対応できました。
これがワンオペだったら、ストレス半端なかっただろうし回っていないと思います。

朝の起床時間や、プライベートの確保、仕事のストレス…
そういった余計なものを取っ払う事ができる。
結果として、余計なイライラがなくなるし、妻と協力した生活ができました。

生活費の問題やキャリア、パタハラとか色々問題はあるけれど
一生のたった1年間くらい、育児に捧げても良いんじゃないかな。
きっと後悔しない、人生観を変えられる経験が待っていると思います。

■残りの育児休業期間


  • 現状よりもっと率先して家事をやる

  • 計画だけになっている読書や資格勉強する

  • 上記を両立しながらスノーボードめっちゃやる



▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
育休中にかかる税金について~住民税と所得税の違い~
2019.09.05
育児休業中も発生する税金について部分的にまとめたいと思います。

育児休業に入っても発生する税金があります。
それは「住民税」
新入社員の頃、2年目から税金が発生すると戦々恐々とした記憶がありますね。

このほかに、毎月のお給料から天引きされる税金は以下のようなものがあります。

  • 所得税

  • 健康保険料 or 国民健康保険

  • 雇用保険料

  • 介護保険料(40歳以上)

  • 厚生年金保険料




育児休業を取得すると、「育児休業等取得者申出書」を提出することで
「健康保険料」と「厚生年金保険料」が免除されます。(つまり無料!)
ついでに「介護保険料」も免除されます。


育児休業保険料免除制度 @ 日本年金機構

https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20140327-06.html


また、「雇用保険料」については、取得中は雇用主からの給与がないのでかかりません。



Q&A~育児休業給付~ @ 厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158500.html


残る所得税は?ということですが、結論からいうと所得がないので当然かかりません。
育児休業中に頂ける「育児休業給付金」は、非課税なので所得税の対象外です。
ちなみに、流行りの「ふるさと納税」の寄付控除額の対象外にもなりますのでご注意。

で、個人的に住民税と所得税の比較が気になったので、以下にまとめてみました。
以下、「住民税」と「所得税」の違い@ざっくり版

■納付先が違う
住民税:地方自治体 所得税:国税

■最低納付額の設定所得が一切なくても税金がかかるか否か
住民税:有 所得税:無

■課税対象年度の違い
住民税:「前年」の所得 所得税:所得を得ている「その年」

■税率の違い
住民税:一律10% 所得税:5%~45%(累進課税)

■納付時期
住民税:6月から一括、もしくは年4回
所得税:翌年2月16日から3月15日までの期間に一括

いかがでしたでしょうか。
簡単なメモですが、これから育児休業を取得される方の一助となると幸いです。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
園のラジオ体操に参加してみた【育児休業】
2019.06.13
育休中、保育園の送り迎えを担当しています。
登園の時間、園ではラジオ体操の音楽がかかるようになっていて
先生や園児みんなでラジオ体操をしています。

やっているのは知っていて横目に帰っていたんですが、初めて一緒に体操してみました。
結果、息子のラジオ体操参加ぶりや、クラスのお友達の参加ぶりが見れてすごく良い時間でした。

素直に体操している子もいれば、見てるだけの子、別の遊びしてる子
体操していても上手な子やとっても楽しそうに体操している子
突然のパパ参加で、物珍しそうにこっちを見てる子…ほんとに様々でした。

これも育児休業取得により、時間に追われなくなったことでできる事だと思います。
とても有り難いことで、貴重な経験と時間を過ごさせて頂いています。

クラスのお友達も覚えてくれ始め、笑顔で迎えてくれる子もいます。
毎朝の保育園送迎、超楽しいです。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
育休1か月の振り返り【育児休業】
2019.06.03
仕事を休んで1か月が経過しました。
といっても、3分の1は出産前なので育児休業ではありませんが…
(年度いっぱいの育休の為、有給を消化させて頂いていました)

◆できたこと
 ・保育園の送迎&準備
 ・息子を連れてのお買物
 ・ご飯など家事全般
 ・新居探し
 ・新しい領域の勉強(継続中)
 ・ブログ
 ・入院時対応と役所諸々
 ・夜間の対応

◆やりたいこと
 ・断捨離(新居準備)
 ・AWSやTOEICの勉強
 ・プレステの修理
 ・車の配線変更(USB/Audio)
 ・新生児の爪切り習得
 ・家計とライフプラン見直し
 ・筋トレ

◆反省
 ・スマホ&Twitterイジりすぎ問題
 ・もうちょっと色々動けたかな問題
 ・寝かし付け一緒に寝る問題

わかってはいましたが、時間があるようでありませんね。
内反足の通院もあり、半日仕事だったりします。
実質的に使える時間は、上の子が保育園の間と寝かし付け後です。
但し、寝かし付け後も3時間毎に新生児ちゃんのミルク対応があるのでタイミング悪いと…(;_;)

早くも育休の9%を消化してしまいました。
今月も気持ちを新たに過ごしたいと思います。

▼▼▼ランキング協力お願いします!(別ウィンドウ)
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

- CafeLog -